ストレス 難聴

Image Replacement

ストレス難聴シンドローム急増中!危ない難聴のサインについて

ストレスからやってくる難聴障害や、耳鳴りが近年増加しています。難聴とストレスの原因は解明されていない部分も多くありますが、ひとつの治療法を頼みの綱に治療するのもよいですが、難聴を回復させる方法を複数個、用意しておくことも、難聴を改善させる近道になると思いませんか?

今、ストレスが難聴を誘発してしまう

kikoe1.jpg

ここ近年では、若い年齢層の聴力障害(難聴)が急激に増加しています。ひと昔前でしたら、難聴はお年寄りの障害というイメージがありましたが今は若者にも難聴は急増しているのです。

また若者に多い難聴の原因としては、ゲーム機やデジタルオーディオのイヤホン(ヘッドホン)の長時間使用が原因の聴力障害が発生していて、小学生でも難聴の子どもたちが多くなっているといいます。


ただ現代の難聴の原因はこれだけではありません!

実は日常生活のなかで少しずつ蓄積しているストレスが原因で難聴になる若者も急増しているのです。難聴は大きく2種類の分類できますが、ひとつは外耳(がいじ)といって耳の外側付近の障害と、内耳(ないじ)といって耳の奥に関係する難聴があります。

そのなかでも耳の奥(内耳)または神経付近で起こる難聴を感音性難聴と呼びますが、実はこの感音性難聴がストレス難聴の原因に大きく関係しているのです。

そもそも感音性難聴は、内耳を含めた神経系の障害の難聴ですから脳の状態にも大きく関係してきます。脳が健康的ではない、つまりストレス脳である状態が一定期間続き、聴力に不具合を発生させてしまうことがあるのです。

ストレス⇒脳⇒神経⇒耳に機能障害

ストレスと難聴には、上記のような深い関係があります。


最近、少し聞こえが悪いなぁ?
会話が少し聞き取り辛い!
何度も聞きなおしてしまう!


質問された内容と違う返答をしてしまい、相手に指摘されてしまう!・・・・など

もしあなたの耳に異変があるとしたら、それは老化が原因でしょうか?
それともストレスなどの外的影響を受けた難聴が原因でしょうか?

このまま放置しておいては、やがてあなたの聴力は自力で回復できなくなってしまう可能性もあります。あなたが悩んでいる聴力障害がストレスが原因だとしたら、耳鼻科の医師の力だけでは回復できない場合があります。